8月はオオタ・マサオ作品展『彷徨える水』です

8月1日金曜~31日日曜

毎週金曜日~月曜日 正午~17時開廊

オオタ・マサオ

1949年生まれ。東京都出身。早稲田大学卒業。36歳から写真家として活動、コム・デ・ギャルソン、4℃、ワイズ、パルコ、トヨタなどを手がける。2000年より山梨県北杜市において、オブジェ、絵画制作活動を続けている。

今回の『彷徨える水』展では、アクリルとペンキによる絵画、木材、金属によるオブジェ、併せて約30点を展示します。

アーティストトーク 8月2日土曜日の午後5時より。さわやかな夏の夕べを放談で楽しくお過ごしください。タイトルは一応「独断と偏見のアーティスト人生」となっております。

お茶の用意はございますが、お好みのマイドリンクご持参でどうぞ。

 

 

 

 

大塚直(おおつか なお)作品展開催中です

デヴィッド・ホックニーと大竹伸朗が好きな大塚直。アクリルのタブローはその対照的な二人をミックスしたよう、と頷かされます。秩序と混沌が混在した不思議な魅力です。

版画は打って変わった洗練されたおもむき。でもとぎれない線の表情はうねり、泡立ち、オーストラリアのアボリジニ作家、エミリー・ワングレーを思い起こさせます。13歳からの15年間で40もの仕事についたという、大塚のため込んだ思いの発露でしょうか。

7月28日月曜日まで。

毎週金曜から月曜日の正午~17時開廊します。土日は作家在廊です。DSCN0367DSCN0358

7月4日(金)~28日(月) 大塚直作品展

開廊日 会期中の毎週金曜~月曜日

開廊時間 12時~17時まで

毎土曜日と日曜日は作家在廊日です。

おおつかなお

東京生まれ。山梨県・八が岳圏内の増富の廃校で音楽と絵画制作を行う。その両方とも13歳で愛媛のみかん農家に住み込んで以来、28歳の今日まで40を超える仕事をしながら、独学で身につけたもの。孤独の結実はしかし暗くはなく、むしろ見る人を励ます力にあふれている。

みずみずしい感性に触れてリフレッシュしていただければ幸いです。

 

*7月12日土曜日 午後4時から大塚直演奏によるビートルズナンバーを含むミニコンサートを開催します。ご参加お待ちしております。