森からのおことづけ 吉野剛広 木のオブジェ展

5月2日(土曜)~5月31日(日曜)
毎週土、日、月曜日 正午~17時

素朴だけれどどこかおしゃれ、そんな生きものたちのおしゃべりを聴きにきてください。

木の立体オブジェとレリーフ約20点
アクリル画と油彩画の小品も約20点

吉野氏の略歴
1967年生まれ。 2007年から八ヶ岳山麓にアトリエを構える。現在北杜市在住。 おもに森や高原からのインスピレーションを受けた心象風景や生きものたちをモチーフに制作。
2013〜2014年 上野の森美術館大賞展入選。 その他個展、グループ展多数。

高橋辰雄個展 Box-deconstruction 箱殺現場春宵闇 

はこごろしのげんば はるのよいやみ展は、箱をコラージュの素材として意表をつく造形作品を展示しています。

 

4月4日(土)~4月27日(月)

毎週 土、日、月 正午から午後5時まで

4月11日(土)午後2時から作家によるギャラリートークを行います。

現代アートがわからない、という方も歓迎です。茶話会のおつもりでどうぞ。

高橋辰雄氏の略歴

1952年甲府市に生まれ、山梨大学工学部卒業後、途中大学の研究生の時期をはさんで首都圏で美術、文学を最先端の機関で学ぶ。80年代以降は活動拠点を山梨におき、地場産業に密着したデザイン事務所を営みながら美術家、ライターとして、東京、横浜、静岡で発表を重ねている。前衛作曲家の息子・高橋裕氏とユニット「とらぶろす」を結成し、活動の場をさらに広げている。

主宰 絵画のプラクシス(実践)展

環境芸術ワークショップ

いずれも半世紀の実績をもつ。

 

高橋辰雄展 Box-deconstruction 箱殺現場春宵闇 

はこごろしのげんば はるのよいやみ 展は「箱は立体が平面に至る、または平面が立体に至るときの仮の姿」という高橋氏の視点がとらえたインスタレーションです。

半立体のコラージュの面白さをギャルリいっぱいに展開。個々のオブジェの高橋氏独特の快いなめらかなテクスチュアにもひきこまれます。

毎週土、日、月 正午~17時 開廊

4月4日(土)~4月27日(月)