10月5日(土)~14日(月)は古庄真理子銅版画作品展 揺れる光の片隅に 

19年古庄真理子DM使用作品
10月5・6・7日(土・日・月) 12・13・14日(同)の6日間
12~17時まで 土・日は作家が在廊します。

2年前のイグレグでの個展の直後に、スペインのカダケス国際版画コンクールでグランプリ受賞という栄誉を勝ちとった古庄真理子。その後も故郷の長野県飯田市で静かな和の色がリズミカルに響きあう作風を磨きあげています。その底にあるのは最先端のアパレル、インテリアという職業に身をおいた経験かもしれません。
今回は受賞作品も展示します。