8月1日(木)~19日(月)      旅するYogiYogiがやってきます。

156388433136018年yogiyogi風景リリイ撮影1
8月 6,7,8,15日は休みとなります。

時間10~17時30分 *3,9,18日は19時まで

 旅するYogiYogiは大阪・千里山発のの移動ギャラリーです。昨年に続き2度目の八ヶ岳開催となりました。展示するのは子どもから大人までの個性的な作家による手作り絵本。イラストレーター、工芸作家の作品、福祉施設や途上国生まれの雑貨、食品などの販売もあります。さまざまなワークショップ、社会学者やNGO代表のトークイベント、ミニコンサートも行う、いわば絵本をなかだちにしたさまざまな人々の交流の場となります。
オーナーは人間力にあふれた小澤リリィさん。全日在廊します。
■ワークショップ、その他企画は、参加費無料。参加ご希望の方は、7/1 ~ SMSもしくはTELで、ご連絡くださいませ。
SMS・TEL : 090-5657-3711 blog : https://tabisuruyogiyogi.hateblo.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 見たい! 聴きたい! 知りたい! 企画
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■紙しばい と 本よみ『きみにも、ぽっ。』の (え:もとすぎ りゅう
ぶん:さわもり りさ)作家 さわもり りさ さん (北杜市在住) の 本の庭
8/9(金) 10時30分~(15分)
8/18(日) 16時 ~(30分, 詩の朗読もあります)

■歌の宅配便 「タプタプタレーノ」さんのアカペラ・ライブ 
8/9(金)10時45分~ , 18時~(各60分)
結成20年、施設や音楽祭でジャンルにこだわらず、楽しく集まって 楽しく歌う大阪の
アカペラ女性グループが、旅するYogiYogi会場に!
メンバーの「おはな亭 はじまる」さんによる落語「狸賽(たぬさい)」もあります。

■トーク企画「近くはない、でもそう遠くでもない ~ 中央アフリカについて考える会~」
8/18 (日)17 時 ~(90分)
内海博文(追手門学院大学准教授/社会学)
櫛引祐希子(大阪教育大学准教授/日本語学)
リリィ( 旅するYogiYogi) / 中央アフリカ紹介コーナーあり
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 旅Yogiの 小さな てんらんかい と 小さなワークショップ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■「ココロに種まき展」
絵ことば作家 たかいたかこ
絵とことばを組み合わせた作品「絵ことば」を10粒展示します。
疲れたココロがほぐれますように…。
在廊日は、8/3(土) 11時~16時。
■他の作品たちと一緒に大阪に旅する段ボールの種まきちゃんを作りませんか? 
色を塗ったり、紙を貼ったりします。
(限定44体。展示用のため、お持ち帰りいただけません。)
■自然と子ども達を描く 村田美菜子 の
「わらべ歌うたかるた原画展」
在廊日は、8/1(木), 2(金), 18(日), 19(月)
終日。在廊時、簡単な木版手摺り体験できますよ!
(和紙代等 実費 500円 )
■わらべ歌伝承家 中井英美さん 来場
来場日は、8/18(日), 19(月) 終日。
昨年特に好評だった企画です。チビッ子も大人も、みんな一緒に楽しく遊びましょう!
保育や子育て支援に携わっている方には、特におすすめです!
■「かわばたあきこ の描く 色鉛筆の世界」in八ヶ岳
■「旅ノートとらくがき手帳日記」新井由美
■ 壁面あっちこっちに「橋本博子の段ボールアート」
■「手のひらサイズのミニチュア絵本」を作ろう!
偶数日の10時30分~& 要相談でリクエスト対応可
(各90分 , 定員4名) , キット代実費:972円~1080円
会場で販売してる20種類のキットから好きなお話を選んでください。
自宅で一人でも作れるキットです。
くわしくはyogiyogiブログhttps://tabisuruyogiyogi.hateblo.jpをごらんください。

7月6日(土)~29日(月)吉野剛広展「森の学校」が開校します

毎週土、日、月 12~17時まで
初日6日土曜17時から吉野剛広のお話会があります。作品や展示、5月に北杜市の交流事業で訪れたケンタッキー州での活動についてなど。申し込み、入場料不要
DSCN3737DSCN3714DSCN3741DSCN3782
吉野は北海道大学で動物学を学び、12年間の動物園勤務ののち京都造形芸術大学で美術を修めた経歴の持ち主です。八ヶ岳美術館の学芸員となったのを契機に長野県原村に移住、現在は北杜市に住み、森の生物たちをモチーフにしてそのユニークな経歴を生かした作品を作り続けています。
今回の森の学校には、時間割や掲示板、黒板に思わずクスリ、としてしまう文章が並びます。「いちばん力の入った部分かもしれません」という吉野のセンスをゆっくりお楽しみください。