7月2日(土)~18日(月)ノナカミホ個展

 

毎週土・日・月 13時~17時まで。

1991年南アルプス市生まれのノナカ。アールブリュット作家として、県の内外の多くの企画展で発表を続けてきたノナカの久しぶりの個展です。黒ボールペンで刻むように描く作品は深度を増し、アートへの着実な歩みを物語っているようです。

ノナカからのコメント
私は小学3年生の頃から学校に通えなくなりました。自分の部屋に閉じこもりずっと絵を描いていました。
それから十数年間引きこもり、20歳を過ぎた頃から手洗いがひどくなり24歳の時には指先に血がにじむほど1日に何度も手を洗ったり何時間もお風呂に入ったりするようになり、精神科の病院で強迫性障害と診断され入院することになりました。
入院中、ボールペンで絵を描いて過ごすとあんなにうるさく感じた人の声や周りの音が不思議と気にならずにいられるようになりました。今のような絵を描き始めたのはこの頃からです。 看護師さんや主治医の先生が、絵にとても感動してくれて退院後病院の中にあるデイケアに通い始めました。そこで絵の講師をしていた上野玄起先生に個展の開催をすすめられ、びっくりして、少し不安でしたが、先生のお力をお借りして2017年の4月北杜市で初めて個展をさせていただきました。
不安と緊張でドキドキしていましたが個展にはたくさんの人が来てくれました。自分の子供も不登校で毎日絵を描いている。将来自分の子供もこんな風に個展ができたら、と泣きながら話してくれた方もいました。こんな自分でも誰かの希望になれる。今までの自分の経験も全部ムダじゃなかったと感じました。中略
それからもいろんな方に支えていただきながら作品発表をさせていただきましたが、コロナ禍で人との出会いの機会もなくなり、精神的に不安定になったことから今まで落ち着いていた症状が悪化し2020年に再び入院することになりました。入院して・・それでもまだできる事がある。今だからこそ描ける物があると思いこの約2年間、絵を描き続けてきました。 ノナカミホ

素材 ケント紙(イラストレーションボード)に黒ボールペン
大きさ 最大103×73センチ 最小18×12センチ  点数 約70点

個展・グループ展
2017・4/22~23 個展 詩游館ギャラリー 山梨県北杜市
2017・8/29~9/10 アール・ブリュット展 つなぐ・きらめき 藤村記念館 山梨県甲府市
2017・10/7~16 個展 ギャルリ イグレグ八が岳 山梨県北杜市
2018・1/23~28 アール・ブリュット展 親密なまなざし 山梨県立美術館県民ギャラリー
2018・9/20~10/16 展示 ジュエリーショップMASAAKI TAKAHASHI 2K540東京都台東区
2019・1/14 KHJ自分プロジェクト こんな生き方、働き方があってもいいよね
自分らしい生き方シンポジュウムin関東 TKE・Biz としま産業プラザ 東京都豊島区
2019・1/29~2/3 アール・ブリュット展 呼吸するように 生まれたものたち 山梨県立美術
館県民ギャラリー
2019・6/15~7/6 個展 THE MICRO MUSEUM 吉祥寺
2019・9/5~10/1 展示 ジュエリーショップMASAAKI TAKAHASHI 2K540東京都台東区
2019・9/14~16 C+A COFFE AND ART展 アール・ブリュット
コーヒーとアートに触れながら一生に一度と出会う スターバックス南アルプス通り店
2020・2/8~29 個展 THE MICRO MUSEUM 東日本橋 東京都中央区
2021・6/23~29 展示 チャリティーTシャツ受注販売会 岡島百貨店 山梨県甲府市
2021・10/30~11/7 障害者の文化美術フェスティバル アール・ブリュット日本と自然
あしくぼ笑楽校 埼玉県秩父市
2021・12/21~26 障害者の文化美術フェスティバル アール・ブリュット日本と自然
やまなしプラザ 山梨県甲府市 防災新館
2022・2/11~3/21 障害者の文化美術フェスティバル アール・ブリュット日本と自然
ボーダレス、アートミュージアムMO-MA 滋賀県近江八幡市 旧増田邸

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

6月4日(土)~20日(月)村岡由季子展 イメージがカタチをとる

 

1974年生まれ、北杜市在住の村岡は、絵画、版画、陶芸、ドローイングなどを駆使する美術家として旺盛な制作を続けています。今回は『物語』をスタートにしたイメージを、各種の素材でカタチにしています。物語とは筋があるストーリー。抽象的な作品の中に、見る人なりの物語を紡いで楽しんで、と呼びかけています。

村岡由季子からのメッセージ
最近私は「物語」をスタートに自分の中に表れたイメージをカタチにするという事に面白さを感じています。
まず物語を選び咀嚼します。そこから自分なりに解釈して出てきた様々なイメージを色々な角度から見つめてカタチにするというプロセスを辿り制作しています。1つの物語が必ずしも1つのカタチになるのではなく、1つが7つの構成で成り立っていたり、1つの物語から出てきたカタチに別の物語のカタチがミックスされ境界があいまいになった2≠1つになったりと、様々な解釈とイメージとカタチと戯れるような作品になっています。またこのように多角的に見つめることでやっと浮かび上がってくるものがある気がしていて、今このように物事を見ていくことがとても大切とも思っています。1つの方向からしか見ない考えないという事はちょっと危険かもしれません。今回は7つの物語(この中には最近ずっと心を向けている国のものもあります。) と私の中にある言語化されない物語りのイメージがカタチをとった作品が並んでいます。どうぞ!物語の世界へ。会場でお待ちしています。

作品点数 7物語・約35点

素材 陶、木、紙、銅、アルミ など

大きさ 小は5㎝×3㎝×2㎝位  大は90㎝×60㎝×10㎝位

5月7日(土)~23日(月)守屋玲子作品展「きみのいた季節」を開催いたします

土曜~月曜・13~17時まで開場

静寂は、きみといた季節に、
たくさんの愛があったと知らせてくれた。
時間や存在は過ぎ去ってみれば、かけがえのないもので、
どんな時も、1人の時も、大切な時間だった。

愛する存在、愛する物たち、愛する時間、愛する仕事、
この瞬間、この命の美しさを感じたら、それが全ての幸せだ。
守屋玲子 作品展に寄せて

大切な人や日常を愛する世界観を、小さな画面に閉じ込めるイラストレーター守屋玲子。角田光代の新聞小説や、現在も続く芸術新潮・堀江敏幸のエッセイなどの挿画を描いてきました。今回は、アクリルグアッシュによるこれまでの仕事の原画と、オリジナル作品、新作などを展示します。
守屋玲子プロフィール>
1978年東京生まれ。16歳より油絵を始める。建築・インテリアデザインを学び、建築会社で働く。絵を志し、セツモードセミナー入学。在籍中よりイラストレーターとして仕事を始める。2007年HBギャラリーFILEコンペティション大賞(藤枝リュウジ賞)受賞。同年4月にギャラリーハウスマヤ(東京)で初個展を開催。個展をきっかけに角田光代「紙の月」新聞連載小説挿絵(全200話)の仕事を手がけることになる。夏にHBギャラリー(東京)で大賞受賞個展を開催。Tokyo Illustration2007公募入選(下谷二助賞)。「紙の月」作品で、アメリカンイラストレーション年鑑のコンペ American Illustration2008(アメリカ)で作品数点が年鑑に掲載される。
2013年結婚を機に、松本へ移住。
子育てをしながら、小説新潮、芸術新潮、ねじめ正一「むーさんの背中」新聞連載小説挿絵(全244話)、広告などの仕事を手がける。個展のほか、海外アートフェアへの出品も行う。

 

 

 

10月2日(土)~18日(月)白石寿敏・扶美子『森のカタチ』


白石寿敏は、東京でグラフィックデザイナーとして活躍したのち、長野県蓼科の森にセルフビルドの家を建てて移住、木、鉄、紙による暮らし周りの道具づくりを楽しむようになりました。公私ともにパートナーである白石扶美子はナバホ族に伝わるグラデーションが特徴の織物で暮らしを彩っています。
今回はそんな二人の森での暮らしをのぞき見するような、アイテムを展示します。
「白石寿敏 作品」
●文庫本ケ−ス ●鉛筆立て ●オブジェ ●かばん ●スマホケ−ス ●イス

「白石扶美子 作品」
● タピストリー  ● マット ● クッション ● ベッドカバー ● 羊マフラーと帽子のセット ● 昼夜織りのタテガミのあるスヌード ● 昼夜織りのハオリモノ

二人からのひとこと
白石寿敏 1947 年生
長年グラフィックデザインを手がけ平面から立体への憧れ
日頃見慣れているモノたちが別の形に変わってゆくことを考えるの
が好きでいつも眠りにはいるときの習慣になっている
そんな想いを木、鉄、紙などの素材で表現してみた
白石扶美子 1944 年生
アメリカインディアン・ナバホ織りを始めて今年で約15年目
高機を始めて7年目となる。スキルアップにはまだまだほど遠い
織る事が楽しい。イグレグの空間をどう生かせるか遊んでみようと
55年生活を共にしているシロさんと Collaboration!!

9月4日(土)~27日(月)畑口勇人 Wicked and Lazy

写真家の父とファッションデザイナーの母の間にミラノで生まれ、カリフォルニアでアートを、のちに東京で醸造学を学んで10年前北杜市に移住した畑口。34年間の多彩な人生が生み出したのは猫や人を思わせるワイヤーと木片のオブジェ。先人たちの言葉とのコラボによって詩的で思索的でもある世界を見せます。

畑口勇人プロフィール
1987年 イタリア·ミラノ生まれ
2005年 米国 California Institute of the Artsに留学
2008年 アパレルブランド「PLAIN PEOPLE」のプリント柄·ファブリックデザインを手掛け始める
2010年 PLAIN PEOPLE青山店「ANIMALIS PACIFICUS」
同年よりアパレルブランド「FRAPBOIS」のプリント柄のデザインを始める
2011年 雑誌「DEPARTURES」の別冊号「宝石という名の芸術を探して」と「時の歴史を旅する」の表紙にワイヤーアートの柄を提供
2012年 東京農業大学·醸造科学科を卒業
同年 青山ギャルリーワッツ「Tools」
同年 山梨県北杜市に移住
2015年 CLASKA Gallery & Shop“DO” 渋谷パルコ店「Artefacts」
同年 古道具屋「unlearn」をオープン
2020年 PLAIN PEOPLE青山店「Just so」
2021年 PLAIN PEOPLE青山店「Constellation」

Wicked and Lazy 
デイヴィッド・バーンの楽曲の中に「Lazy」という好きな歌がある。
I’m Wicked and Lazy 「ぼくは不埒で怠け者」という意味だ。
愛することにも怠け者 話すことにも怠け者 祈ることにも怠け者 と歌詞は続く。
古代ローマの哲学者・セネカは、閑暇を楽しめない人(隙間の時間も用事で埋め尽くそうとする人)は、自分自身と向き合うことを避けていて、それを「不精な多忙」といっていた。
と、不埒な怠け者の自分は心のなかで呟くのである…

畑口勇人

8月7日(土)~23日(月)坂本泉Inside-Out Needles


アルプス雪解け


カントリーペイント作品

日用品やファウンドオブジェクトを素材にインスタレーションを制作し続ける坂本泉。今回は紙に刺しゅうを施してその裏側を見せるInside-outシリーズを発表。きれいに見える名画の裏側、完成とプロセス。ひっくり返すことで意識の裏にある無意識を見たい欲求。世界の見方を問いかけます。
サプライズとして坂本が90年代に暮らしたアメリカで制作したカントリーペイントも展示します。ギャルリの元オーナー天沼寿子へのオマージュです(天沼については当ホームページの沿革らんに)。

坂本泉プロフィール
山梨県甲府市生まれ
女子美術大学卒業
美術館勤務、教職を経て2001年からアート作品制作を開始
2005年からアーティストレジデンス山梨「エアリー」代表をつとめる。

作家ステイトメント:
私の美術表現の大きな動機は、毎日の生活者としての存在の中にあります。アートが私たちの暮らす社会で身近に存在することを示すために、日用品やファウンドオブジェクトとアートの価値を結びつけます。
現代社会では従来の典型的・規範的な生き方のイメージが大きく変わってきました。未経験の新しい時代へ踏み出すための、新たな価値感と希望を見つけることが私が現在アート制作をするテーマです。
ブログ→ https://izumimuzi.exblog.jp/i0/

今回の展示への思い:
糸や布、紙は育つ環境の中で常に身辺にあった身近な素材でした。そしてなぜ紙なのかと問われれば、紙に針を刺す瞬間のスリル、違和感、やり直せない(刺し直せない)緊張感に惹かれます。支持体それ自体が自立するのも紙の魅力です。またアートと手芸の境界を探ってその境界を崩す意図や、針仕事は女のものか、と問う意図があります。
今回作品のモチーフにしたいわゆる西洋名画は昭和時代にアートを志す者にとって手本でした。過去の見知らぬ国の風物と人物。それら美術の伝統は自分からは遠い所に存在する尊敬と憧れの的であり、自分の手の届かないもどかしさにも似た感情がずっと私の中にありました。今、年を経て世界を旅し人生を重ねた結果、少しは見えてくるものがあるかもしれません。まだ見たことのない新しい世界を自分の手で作り出してゆく行為はアートに携わる者に許された最高のギフトと思いながら制作しています。

7月3日(土)~19日(月)荒木イチオ ヒーリングドロップ

    荒木イチオは木材、鋼材、コンクリートなど、さまざまの素材を駆使する美術家です。その立体的で変化に富んだ作品にはいつも驚きと楽しさがあります。鴨川高校エントランス壁画、東京練馬光が丘エントランスホール壁面、東京世田谷レストランfeel壁面制作などパブリックな作品を手がけているのも、ファンタジーとドラマティックが共存する作風ゆえのことでしょう。今回の作品展では杉板にアクリル絵の具を使います。ギャルリは小さなテーマパークになります。

    略歴
    1954年函館生まれ

    多摩美術大学油画科卒

    2010年より山梨北杜市小淵沢に移住

    赤坂乾画廊個展

    銀座ギャラリーpusse個展

    新宿ギャラリー玄海個展

    西武デパートグループ展池袋、渋谷

    大丸デパートグループ展東京

    東急デパートグループ展 二子玉川

    目黒美術館 グループ展

    清里フォトミュージアム グループ展 

    日中交流展 上海、甲府、市川大門

    甲府一高グループ化

    甲府元麻布画廊グループ展

    長坂おいでや 個展、グループ展

    山梨県美術館県民ギャラリー グループ展

    作品展への思い 
    荒木イチオ

     もう5年ほど前のことですが、八王子のできたばかりの道の駅に立ち寄った時、甘い香りを漂わせている青森りんごのマルシェに出会いました。その時その傍に積まれていたりんご箱にも、懐かしく目を引かれました。我が家では冬が近付くと、この青森りんごをこの木箱ごと一箱買ってきて、玄関脇の納屋に納めるのが習慣でした。また、東京で一人住まいを始めた頃、家具など何もなく、どこでもらってきたのかりんご箱をしばらくテーブル代わりにしていたものでした。そんな思い出をひと時めぐらし、「この箱いただけますか?」と店員に伺うと、気安く「どうぞ!」と返事をもらえたので、3箱両手に抱えられるだけもらって帰りました。
    しばらく家で放置して眺めていたのですが、しだいに箱の形の面白さに惹かれ出しました。外の形、内の形、外の空間、内の空間。色を塗ったら、どんなだろう、という衝動で色を塗りはじめました。
    模様、絵柄ではなく、箱の存在と共鳴するだけの塗り。
    これはとても楽しく、新鮮な体験でした。
    また、この頃、滴り、雫、という状態に興味を持ち始めていました。
    滴り、雫にはミクロからマクロまで、さまざまなシーンに想いをめぐらされ、そんな面白さの表現にチャレンジし始めていました。
    今回の展示作品は、りんご箱の板の物としての面白さと、それが暗示する、箱としての空間を持つ面白さ、そこに、雫、滴りという悠久の時をめぐる妄想を合わせて表現することへのチャレンジです。

6月5日~21日 坂尻佳恵「思春期」

21坂尻作品小サイズ毎週土、日、月 12時~17時

坂尻佳恵は1976年愛媛県生まれ。大阪芸術大学を卒業し、2012年ごろから廃屋を描き始めていましたが、やがて廃屋から剥がされた板戸やふすま、障子枠などに直接絵を描き始めました。それは東日本大震災の影響もあり、人の営みの痕跡に寄り添う気持ちがわいたからだといいます。上野の森美術館での「日本の美術展」では審査員特別賞、またタガワアートビエンナーレ「英展」入選などの実力をもち、作品には爽快感ともいうべき説得性があります。2017年より北杜市小淵沢町に住み、思春期のふたりの子供を育てるなかで、親の目からみた彼らの自立へのエネルギーを描いたのが今回の作品です。

作家のステートメントより
廃材を譲り受けてまず洗います。それでも落ちない汚れが存在しますが、
それこそ歴史の一部だと捉え、ありのままの画面に描きました。
時に廃材の汚れは絵の具をまだらに弾くので、均一に描けません。
その分の苦労もありますが、そのものの味に助けられたり、より深みを追求できる素材に魅了されました。
すでにある記憶と対話するように描く心地です。また、廃材というのは、もう捨てられるものでもあり、くすぶっている命を拾ってみたいという気持ちもあります。

 

5月8日(土)~24日(月)小林さちこ・YasuoMaeda二人展 re-action

21年小林さちこ作品2
5月8日土曜日から24日月曜日までの
毎週土日月・12時から17時まで

小林さちこの天使の塑像とレリーフ、Yasuo Maedaの写真のコラボレーション展示です。 スペイン、ポルトガルなどの味わい深い風景をバックに愛らしい天使たちが並びます。

作家プロフィール
こばやしさちこ 造形作家
北九州市生まれ。女子美術短期大学卒業、同校の助手を経てペパークラフト作家として活動。カレンダー、ポスター、雑誌の表紙や、テレビアニメーションなど幅広いメディアで活躍する。ここ数年天使をモチーフにし、2018年ごろからは塑像として立体の天使を手がけている。北杜市明野在住。

やすお まえだ 写真家
1959年神戸市生まれ。早稲田大学在学中に単身で巡ったヨーロッパの歴史ある街並みに魅了され、渡欧して撮影する。イベント、クリエイティブを生業とする会社を経営する傍ら、20年前から写真集、グループ展で作品を発表している。山好きが高じて明野に移住。小林さちこ氏とはご近所の間柄。

2021年4月3日土~19日月 ピリオド 関亮彦(せきあきひこ)展


毎週土・日・月 12時~17時まで

昨年夏、突然48才の若さで生涯を閉じた関亮彦の作品展です。東京都出身、長野で5年の木工、漆芸修業ののち、現代アートの作家として画廊の企画展も数かず行って、独自の世界を築いてきました。八ヶ岳南麓の里山のアトリエには彼特有の油絵やアクリル絵の具を使い漆芸で学んだ鏡面仕上げの美しい平面、立体作品が残されていました。
以下はDMに記した先輩の美術家上野玄起さんの言葉です。
本人も予期しなかったであろう死の後には
新たな表現活動に向けて準備をしていた様子が残されていました。
同じ美術家として今できることは
彼の美術家としての活動にピリオドを打ってあげること。
この展覧会がそのピリオドになってくれれば。
そしてピリオドの先、
残された作品が次のセンテンスを作り始めることを期待して。